FC2ブログ

記事一覧

旧キット 1/100 フルアクション Zガンダム 1 素組み版完成

3月第3週の平日ガンプラとなります。

IMG_8266_R.jpg

旧キット 1/100 Zガンダムです!!
3月12日購入、13日に有休を取ったので作りました。

IMG_8267_R_201803142126349c6.jpg

パッケージを開けると、中帯がございました。

IMG_8268_R_20180314212636a03.jpg

かつてならこの中帯もホチ止めされていたかと思うのですが、何かとポイズンな世の中、ホチ止めもしない方がベターなのかもしれませんね。

IMG_8269_R_20180314212637060.jpg

組立説明書。
サイズデカくて、なんだか特別感があります。

IMG_8270_R_20180314212639d82.jpg IMG_8271_R_20180314212640de3.jpg

それでは組み立てていきましょう。
まずは脚部から。

ちなみに本キットは関節部にポリキャップを採用していますが、ポリキャップの径より接続部の径の方が若干大きいみたいなので、接続部の先端を削って嵌りやすいようにしました。

IMG_8272_R_201803142126427f4.jpg IMG_8273_R_2018031421264365d.jpg

で、脚部完成。
思ったよりもでかいです。
フロントとサイドアーマーは脚部に取り付けです。

IMG_8274_R.jpg

脚部裏。
カバーをスライドさせればバーニアが出てきます。

IMG_8275_R_20180314212647f8c.jpg IMG_8276_R_20180314212648afe.jpg

頭部と腰。

IMG_8277_R.jpg IMG_8278_R_20180314212651920.jpg

で、胴体部。
MGとは違い、シンプルな構成です。

IMG_8279_R_20180314212652837.jpg IMG_8280_R_20180314212654767.jpg

胸。
このキットを特徴付ける、タレ乳ですね。

IMG_8281_R_20180314212655743.jpg IMG_8282_R.jpg

で、胴体部にタレ乳を取り付けます。
取り付け部は肩あたりのグレーの突起部です。

IMG_8283_R_20180314212658861.jpg

良いタレ具合ですねぇ・・・

IMG_8284_R_201803142127001fe.jpg IMG_8285_R_20180314212701098.jpg

ハンドパーツと腕部。
ハンドパーツは指が独立可動、しかも親指と人差し指は関節も動きます。

IMG_8286_R.jpg IMG_8287_R_2018031421272910b.jpg

IMG_8288_R_201803142127301d7.jpg

ウイング部とスタビライザー部。
ここだけを見ると、案外普通にカッコ良いんですよね・・・

IMG_8289_R_20180314212732573.jpg IMG_8290_R_201803142127335a5.jpg

ビームライフル。

IMG_8291_R_20180314212735c8a.jpg IMG_8292_R.jpg

合体!!

それではぐるりと。

IMG_8293_R_20180314213017e19.jpg

IMG_8294_R_201803142130183ff.jpg

IMG_8295_R_201803142130193f8.jpg

IMG_8296_R.jpg

IMG_8297_R_201803142130223a4.jpg

IMG_8298_R_201803142130245b0.jpg

上半身は素晴らしいタレ乳具合でダサさ満載ですが、翻って下半身は結構カッコ良いんですよね・・・
これで下半身もダサければいう事無しなんですが・・・
そこがこのキットの残念ポイントなのかも、しれません。

IMG_8300_R_2018032023291219c.jpg

可動範囲はこんなもんです。
腕はポリキャップ接続部でロール回転します。

IMG_8301_R_201803202329139e9.jpg IMG_8302_R_20180320232915869.jpg

ビームライフルは砲身が伸縮します。

IMG_8303_R_20180320232916009.jpg

指はこんな感じで動きます。

IMG_8304_R.jpg

ライフルを持たせました。
ネットで見ると可動指がユルユルで保持力が無いとのことでしたが、そんな事は全くなく、きっちりとライフルを保持できました。
今のところは・・・

IMG_8305_R_20180320232919e1b.jpg

サーベルもがっちり保持できます!!
今のところは・・・

IMG_8306_R_20180320232921c7a.jpg

上半身アップ。
上半身だけ見るとタレ乳でダサさ満開で素晴らしいですが・・・

IMG_8307_R_20180320232922e9b.jpg

下半身はエッジもしっかりとたっていて非常にカッコ良くなっています。
私としては、このキットに”ダサさ”を求めて買ったので、ここは残念ポイントとなります。

IMG_8308_R_20180320232923e12.jpg

脚部裏側。

IMG_8309_R_20180320232925a5f.jpg

ウイング部
ここも普通にカッコ良く仕上がっているんですよね・・・

IMG_8310_R_20180320232926181.jpg

ちなみに脇にある円筒ポリキャップですが、これは背中のウイング部を接続しています。
こんなパーツが丸見えなのもこのキットの魅力ですね。

IMG_8311_R_20180320232928bb9.jpg

脇はタレ乳と挟み込むかたちで固定します。

IMG_8313_R.jpg IMG_8314_R.jpg

それでは変形をしましょう。
まずは頭部のアンテナをたたんで、頭部を下に押し込みます。

IMG_8315_R_20180320232934081.jpg IMG_8316_R_201803202329359ad.jpg

タレ乳を跳ね上げ、お腹の白い部分を中央へ寄せます。

IMG_8317_R.jpg IMG_8318_R_201803202329386de.jpg

跳ね上げたタレ乳の位置を下へ動かします。

IMG_8319_R_20180320232940a17.jpg IMG_8320_R_20180320233026490.jpg

腕をお腹の中にしまい込みます。

IMG_8321_R_20180320233027bfc.jpg IMG_8322_R_20180320233029b03.jpg

背中のウイングをそのまま前方へ持っていき、脚部を広げます。

IMG_8323_R_20180320233030d31.jpg IMG_8324_R_20180320233032609.jpg

脚部あたりを後ろから見ました。
脚部はグレーの接続軸を上にあげる形で広げます。

胸部の赤い部分と、シールドを合体させます。

IMG_8325_R_20180320233033160.jpg IMG_8326_R_20180320233035c3b.jpg

で、横に寝かせて、

IMG_8327_R_201803202330361ea.jpg

スタビライザー部を伸ばします。

IMG_8328_R_2018032023303863f.jpg IMG_8329_R_2018032023303990a.jpg

サイドアーマーを前方へくるりと回転

IMG_8330_R_20180320233041773.jpg

脚部をZ型にしてつま先をたたみます。

IMG_8331_R_20180320233042ad3.jpg

ウェイブライダー完成!!

IMG_8332_R.jpg

真上から。

それではぐるりと。

IMG_8333_R_20180320233045b88.jpg

IMG_8334_R_20180320233047e26.jpg

IMG_8335_R_20180320233048de0.jpg

IMG_8336_R_2018032023305022b.jpg

IMG_8337_R_20180320233051f31.jpg

旧キットらしく愛らしいウェイブライダーとなりました!!

IMG_8338_R_20180320233053ab0.jpg

タレ乳もこのウェイブライダーの形状維持の為だったのですね。

IMG_8339_R_20180320233054c87.jpg

サイドアーマーの馬鹿でかさもまた然り。

IMG_8340_R_20180320233124de7.jpg

いやぁ、このキット、上半身のダサさと下半身のカッコ良さのアンバランスさが素敵なのかもしれません。

カッコ良いZが欲しい方には全く向きませんが、旧キットのダサさを欲する方には非常に良キットだと思います。
また、当初発売時期(1985年?)に差し替え無しの完全変形を成し遂げているとは、当時のバンダイの気合も感じられます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たく

Author:たく
関西在住のリーマンです。何となく約30年ぶりに買ってみたガンプラ、あれよあれよと今ではすっかり生活の一部になってしまいました。
時に雑に、時に凝ったことをやります(今のところ雑がメイン)。

カテゴリ